@kymgをフォロー ツイート
18 1月 2016 ゲームとCGアニメのデザインを体験して
 |  Category: 仕事  | 3 Comments

久しぶりの更新です。いつまでも炎上記事をTOPにしておくのも恥ずかしいので(笑。
もう気付いたら2016年です。
先日めでたく第一子も授かりまして、おむつ替えや沐浴のスキルも身に着けました。
今回はちょっと3DCGアニメについて、キャラデザイナーの観点から色々お話してみたいと思います。
あくまでも傍で見たりやり取りした感想ですので、間違った事や勘違いなどもあるかもしれません。ご容赦ください。

さて、1月9日より、全国でサンジゲンさんの10周年記念アニメ、『ブブキ・ブランキ』が放送開始になりました。
bbkbrnk
最初に企画のお話を頂いたのはもう2年ほど前でしょうか。
当初は手描きアニメの予定でしたが、紆余曲折を経てフル3DCGキャラクターでの制作となりました。
これは〝セルルック″と呼ばれるCG処理で、輪郭線を描写する事でセルアニメの様な見た目を実現する物です。
初めて見たのは昔ドリームキャストで発売された「ジェットセットラジオ」というゲームでしたでしょうか。
既にブブキをご覧になられた方もいらっしゃるかとは思いますが、本当に近年この技術の進歩って凄いですよね。
ただ、一言にセルルックと言っても、スタジオやディレクターによって表現方法が色々あって
それもまた面白いと感じました。
そこで、3DCGに関しては素人の僕ですが、ここ数年セルルックのアニメにデザインで関わる事が増えたので
ちょっと振り返ってまとめてみました。
(当時関係者から見聞きした情報なので間違ってたらそっとメールで教えてください)

最初に僕のキャラデザインでフルCGのアニメになったのは、
2010年にデビューしたバーチャルアイドル『メーウ』のPVでした。

こちらはスタジオカラーさん制作。当時からもう既に劇場エヴァンゲリオンで
セルルックCGのノウハウを積んで居り、そこの若き腕利き職人さん達が
フルCGで可愛らしさを追求した作品です。女性キャラクターの動きや肌の柔らかさをCGで、
しかもセルルックでここまで描けるのかと大変驚きました。
これは大部分手付アニメだと思いますが、
一部モーションキャプチャー(実際の役者の動きをインプットする装置)で取り込んだデータに、
3DCGアニメーターが細かく手を加え、よりアニメ表現を強調した手法です。
どことなくリアルで生めかしい動きなのは、フレーム数が高いのもありますが
そのためですね。ダンスムービーによく合っています。

次が、2012年発売された『ファイアーエムブレム覚醒』のPV。

こちらはアニマさん制作。このタイトルではセルルックではありますが、べた塗りではなくテクスチャに
イラスト調のタッチが少し入ってるのが特徴です。
こちらの人物アクションもモーションキャプチャーによるデータを最適化していく方式だったと記憶しています。
アニマさんのスタジオカラーさんとの違いは、イラストをCG化する事と、手描きアニメの表現に落とし込むと言う違いでしょうか。
スタジオカラーさんの場合は、視聴者の見慣れた手描きアニメの3DCGによる表現であるのに対し、
アニマさんは3DCGそのものの魅力を追求するスタジオのような気がします。

2013年、スマホゲームの『魔神ステーション』PV。

残念ながらゲーム自体は企画がお蔵入りとなってしまいましたが、
PVのクオリティは大変素晴らしいものでした。こちらの制作はスタジオカラーさん。
劇場エヴァンゲリオンの三作目の制作が終わった後だったと思います。
『メーウ』から更に進化して、手描きアニメーションライクを突き詰めています。
アニメーションのフレーム数をあえて落とすとCGっぽさが消えるんですね。
手描きアニメに慣れた視聴者の既視感を利用したものでしょうか。不思議ですね。

そしてこれはモーションキャプチャーを使用せず、ほぼ手付けによるアニメだった気がします。(後で確認します)
手付けアニメとは、体の四股、胴体髪の毛、服の揺れや目や口の動きに至るまで、
事細かにすべて手作業で設定し動かしていく地道な作業です。(自動制御もしたりしますが)
僕も趣味程度にフリーソフトでキャラを動かそうとした事があるのですが、
これがまたとんでもなく面倒な作業で、手描きとはまた別の膨大な神経と労力を費やす物だと感じました。
※スタジオカラーさんのセルルックCGアニメの最新作は、アニメーター見本市で視聴できる
『カセットガール』が最新作です。もう、極めてますね。付き詰まってますね。素晴らしいです。

同じく2013年、『リリィ・ベルガモ』PV

こちらの制作はジョジョOPでも有名な神風動画さん。
けれんみの効いた力強い映像表現を得意とするスタジオです。
短い映像でも、何度も見たくなる不思議な魅力を放つ作品を作り出すんですよねw
大好きなクリエイター集団の一つです。
こちらもアニマさんと同じく、表面を光沢処理したりテクスチャにタッチを加えたり、
イラストの魅力をCG化するという指針の様に思います。「妥協は死」!は水崎さんの掲げる言葉。

2014年、劇場用短編ムービー『どーにゃつ』。

ギャザリングさん制作。手付アニメーションですが、こちらはフルフレームで滑らかに動かしています。
関係ないですけどこのアニメで声優に初挑戦し僕も若手アイドル声優デビューしたはずなんですが、
その後オファーは特に来ませんでした。
コミックス版のフルアニメ化、待望なのでどこかお願いしますほんと
原作料もいらないので!

2015年、『ファイアーエムブレムif』のPV

こちらも、『ファイアーエムブレム覚醒』に続きアニマさん制作。
前作から更に表現もブラッシュアップされ、鎧の光沢など違和感なくセルルックと融合させて
「イラストを美しく動かす」と言う事に重きを置いて制作されています。

ここまで、どーにゃつを除き原作がゲームであるという事が非常に重要な意味を持っている事に気付きます。
これまでのキャラデザインは基本ゲームの為に作成された物で、CGアニメの為のデザインではありません。
ゲームの為のデザインとCGアニメの為のデザイン手法には明確な違いがあったりするのです。

ファイアーエムブレムの場合はプラットフォームが3DSで解像度が低めと言う事もあり、
例えばゲーム中、キャラが激しいアクションをして髪の毛と体がぶつかって体を突き抜けても
大して気にならないと思います。(勿論最低限違和感が無いように調整されております)
が、それ自体がメインである映像作品ではそれが一切許されませんので、
CGアニメーターさんは事細かに髪の毛の束ごとにアニメーションを付けなくてはなりません。

上動画の青い髪の毛のアクアというキャラの様になが~~い髪の毛が激しく動く場合、
アニメーターさんはそれはもう大変な労力を費やしたであろうと想像できます。
しかし、あくまでもゲームのキャラクターである事が優先であり、CGムービーありきでデザインをすると
表現の幅が狭まってしまいますので、「が、頑張ってください…」と応援する事しか出来ません。。。

まあ、TVシリーズよりは短い尺なので、カット割りやアングルで構造的に不都合な部分を
見えないようにするなど、時にはアイデアで乗り切ったり、時には覚悟を決めて根性だけで作り上げたりし、
最終的に美しい映像として完成させる訳ですね。
が、尺の長いTVシリーズだとしても、出番の少ないキャラクターや演出次第でなら
多少無茶なデザインが出来たりもします。そこは現場との相談ですね。

2016年、『ブブキ・ブランキ』

こちらの制作は『蒼き鋼のアルペジオ』等で有名なサンジゲンさんです。
もはやセルルック3DCGでは国内トップクラスのノウハウを積んだ実績のあるスタジオです。
今回はショートムービーではなく、フル3DキャラによるTVシリーズアニメ。
僕はキャラの設計をするだけなので偉そうな事は言えませんが、長旅ですね。

これまで散々ムービー制作スタッフの皆様にMTGで苦い笑顔を頂いてきました故、
僕の無い頭でもノウハウが少しは溜まってきたと挑んだのですが、やはりなかなかこれも大変で。
とにかくアニメーターさんに余計な負担をかけずに、尚且つデザインとして豪華に見え成り立つもの、
それでいて3DCGの不得意とする所を感じさせず、逆に利点を伸ばすデザイン、を指針として頑張りました。

しかしこれまでの「ゲームありき」ではなく、最初から「CGムービーのためのデザイン」で、これは初になります。
そしてこの作品はすべて手付けによるアニメーションです。
前述しましたが、手付けアニメーションはホントに大変な作業です。
棒立ちしてるキャラの素体に生気を吹き込むには、腕、足、目口、指先や髪の毛の先、
はたまたそれに追従する服のしわや小物に働く慣性運動まで、
カットごとの全てにおいて事細かな設定をしていかなけれないけない
作業です。
(もちろん自動制御もしたりしますが)
CGだから楽、と言う事は実は決してなく、折れない根性と絶妙なアニメーションセンスを必要とし
細部まで正確に書き出されるCGモデル故に隅々まで手が抜けない、
それがCGアニメーションなのだと感じました。
頑張りすぎて、顔の半分が一時期麻痺しちゃったCGアニメーターさんを僕は知ってます

髪とかは物理演算でいけんじゃね?って思う方もいるかもしれませんが、意外と物理演算って
モデルがパタパタガチャガチャ動いてしまってキレイにならないんだそうです。
いや、慣性がリアルすぎて誇張表現である手描き風アニメとは全く合わないと言う方が正解かもしれません。
もしかしたら一旦物理で動かした後それを調整するという手法もあるかもしれませんが。
で、そんな中短期間に20分強のCGアニメを作らないといけない状況、量産体制をサポートするため、
まず前述のアクアの長い髪の毛、長い腰布みたいなキャラ設定は即刻NGになる訳ですね。
(制作時間が膨大にあればきっとやってのけてしまうでしょう)

面白いのは、過去に手描きアニメのキャラデザインを手がけた時は
「揺れ物・長物(髪の毛やマフラーやマント)がアクションで映えるから欲しい」
「あまり細かいデザインだとアニメで描くのが大変なので簡略化してほしい」だったのが
3DCGの量産体制現場では「揺れ物・長物・マントは干渉してしまうのでなるべく無しで」
「ある程度色数を増やしたりディティールを細かくしてもOK」と真逆の事を求められた事でした。
でも、ゲームのモデルではまた逆に揺れ物・長物OKになるんですよね。カッコよさ優先なので。
まあゲームはゲームで関節が多すぎるとハードの性能の問題で出来ないとか色々あるんですが、
話し始めると長くなるのでそれはまたいつかの機会に…

最後についでで、キャラクターの顔ですが、現状3DCGモデルは
煽りや俯瞰の角度に弱いことが知られています。特に顎回りですね。
僕は割とリアルな骨格を意識したデザインを心がけているのですが、熟練のモデラーさんの手にかかっても
それでも2次元の設定を忠実に再現しようとすると煽り・俯瞰で顔は若干崩れてしまいます。
そういった“デッドアングル”を回避したり、サンジゲンさんの様にコミカルな表情を表現する時
どうするかと言うと、シーンごとに顔のモデルをカッコよくなるまでグニャグニャ動かす訳です。人力で。
リグ調整とも呼ばれる作業で、これもアニメーターさんの感性頼りなので個性が出る部分ですね。

CGでも手描きでも最終的にアウトプットされるものは同じ平面の映像作品ですが、
制作手段の違いでここまでデザインの方法が違う二通りを体験できたのは大変貴重でした。
どちらが良い・悪いでは無く、3DCGアニメは出来ない事もあるけど、
代わりに手描きアニメでは難しい映像表現も可能にします。
しかしながらいつか3DCGアニメの為のエンジンが高性能化していけば、今の不得意とする事も
容易にしてくれる時代が来るかもしれません。
うーん、これから先の3DCGアニメーションの現場、ますます楽しみです。

2015年『ウルトラスーパーアニメタイム』ジングル


公開されたのは『ブブキ・ブランキ』よりも少し前ですが、デザイン作業時期はかぶっておりました。
こちらもサンジゲンさんで、同じくCGムービーありきでデザインをしました。

ここまで書いて、デザイナーの観点から3DCGアニメーションの利点を挙げてみますと、
◆デザイン・ディティールを精細に出来、豪華な画面作りが可能となる
◆作画崩れが起こりにくく、一定のクオリティを保証できる
◆キャラクターの基本行動をバンク化出来る
等が主立った有利点で、逆に現状での不利点は、
◆体にかかるロングの髪の毛が難しい
◆丈の長い、足にまとわりつくスカートや肩にかかるマントが難しい
◆関節部分に目立つ柄や、動かすと干渉しあってしまうオブジェクトが置けない
などでしょうか。

以上、素人目線から見続けてきた三者三様で作り上げられているCGムービーのご紹介でした。
CGアニメで手間のかかるデザイン=コスト増大に繋がりますので、
デザインの段階で気を付けなければいけない事、またそれに縛られ過ぎない事、
そのバランスが非常に大事だと痛感しております。
しかし最先端の技術を間近に見、関わる事が出来たのは大変刺激的で勉強になる数年でした。
正直まだまだ知らないことが多すぎるので、今度ゆっくりCG[アニメ技術について
もっと沢山聞いてこようかと思いますw

実はまだこういった水面下で動いてる企画がいくつもありまして、
いつか日の目を見て皆様に楽しんでいただけるのを心待ちにしています。

08 6月 2015 お詫び
 |  Category: 日記  | One Comment

先日の事ですが、『パズル&ドラゴンズ』というゲームアプリケーションに実装されている
僕が描いた「サクヤ」というキャラクターの件につきまして、お詫びと釈明、及びお願いをさせて頂くために
ブログを書かせて頂きます。

まずは、お騒がせしてしまったこと大変申し訳ございません。
「要望に応じてイラストを修正・差し替えた」事につきましては、
言い訳になってしまいますが、今回の特殊な事例でない限り、お客様からの修正に応じる事は御座いません。

“特殊な事例”とは、“究極進化アンケート”という大規模な投票で2度目の1位というありがたい舞台の、
大変期待が高まった中で、僕の技量が足らず充分な割合のご期待に応える事が出来なかった事、
プレイヤーにとっては長く付き合うことになるキャラクタービジュアルである事、
また僕自身が大変思い入れのあるキャラクターであること、
そして運営さんが快く差し替えを承諾してくださった事などが重なり、今回の修正に踏み切りました。
だから許されるだろうという訳では無く、今回は単純な僕のワガママによる物です。
技術不足も含め、深く反省したいと思っております。

僕は基本的にご批判から「確かに言われてみればそうだなぁ」と言う部分は受け入れ
次回に活かすように心がけておりますが、事このサクヤの件に関しましては、流石に反応も大きく、
中には心ないお言葉もいくつか頂戴いたしました。
僕も人格者では御座いませんので、言葉の節々に気持ちが出てしまった事も認め謝罪いたします。

最後にお願いが御座いまして、
通常はイラストの差し替えにも労力やコストがかかりますので、
こういった事例があるからと、他の運営やイラストレーターさんへ他の人が見れる場所での
表立ってのご批判などは出来る限りお控え下さい。
特にイラストレーターさんへのご批判、やはり同じ人間ですし、心が強い人ばかりでは御座いません。
どうしても気に入らない場合は、運営窓口へ投書するなどが一番よい手順ですし、
意見として受け入れられる可能性は格段に高くなるでしょうと思います。

一連の件につきまして、大変お騒がせしてしまいました事、
関係各所、同業者の方、プレイヤーの方々含めその他の皆様へ深くお詫びもうしあげると共に、
再発が無い様、より一層高い完成度を目指し制作を行っていきたいと思います。
何かと至らない一表現者ではございますが、今後共何卒あたたかい目で見守って下さりますと幸いです。

コザキユースケ

追伸:コメント欄の方は、見たら不快に思われる方も大勢いらっしゃいますので、一時承認制とさせて頂きました。ご了承下さい。もし何か伝えたい事が御座いましたら、メールアドレスの方へ何卒宜しくお願い致します。

13 4月 2015 アシスタント募集
 |  Category: 仕事  | 2 Comments

ブログの更新とか2年ぶりなんですけど…放置ですみません。

ここ数年、ありがたい事に非常に沢山のお仕事を頂いております。
漫画家になる事を決意してから、デビュー後はイラスト、キャラクターのデザインなど
多岐にわたって手がけさせて頂きました。
しかし、漫画はアシスタントが居りますが、それに加え単発イラスト、
キャラクターデザイン企画など複数の作業を一人で平行する事は困難を極めます。
現にかなり無理が出てます。
そこで、しっかりとパートナーとして仕事をご一緒し、サポートして頂ける方を探すことに致しました。
その名も

Studio KYMG!

KYMGとはなんなのか、とよく聞かれるのですが、これは2000年に開設したこのHP、
「(K)コザキ(Y)ユウスケ(M)漫画(G)画廊」の略なんですね。
これは近い将来スタジオ化も視野に入れた体制作りになります。
漫画だけでなく、イラスト、デザインを高クオリティで作り出し、世界中の人達に喜んで貰いたい。
そんな勢いのある息の長いスタジオにしてゆきたいです。
これからプロを目指してやって行きたい方、様々なことを学びたい方、
また逆に僕に教えてくれる方、一緒に世界に通用するお仕事をしましょう。
単なる1アシスタントではなく、一人一人が活躍する集団となる事を理想としてます。
お待ちしております。

募集条件ですが、ちょっと特殊なのでよくお読みください。

募集要項
———————————————————

応募期間 ~5月15日迄

———————————————————
A・【作画チーフ・勤務or住込み】

★定員/男性1名
★勤務地/千葉県 船橋市(住込み可)
★資格/他スタジオでチーフ経験のある方優遇
★年齢/問いません
★期間/1年契約(希望更新)
★勤務開始/6月~
★給与/初任給20万円(+8%税、源泉徴収税が引かれます)翌月から+能力給
★作業時間/午前10時~約12時間前後(内休憩2時間)
★作業日数/約15日/月(作画状況により前後しますが、長くなる場合残業代付与)
★食事/各自負担
★交通費/通いの場合支給
★住込みの場合、スタジオの8畳1室を貸出(家賃+光熱費・管理費で月-30,000円)
★業務内容/漫画の背景作画の現場チーフ。コミックスタジオやPhotoshopによる仕上げ処理。
現代背景、中世背景など資料からデザインを起こす。また、ほかスタッフに指示、修正指示など。
★画材/アナログ、デジタル両方可(PCによる作画が出来る方優遇いたします
★アナログ背景技術が高く、PC作画に自信の無い方も、基礎からお教えいたします。
★PCが使える場合の画材ソフト/Photoshop、コミックスタジオが中心
★おおらかな方

———————————————————
B・
【作画スタッフ・住込み】経験者優先

★定員/男性1名
★勤務地/千葉県 船橋市
★年齢/問いません
★期間/特定の期間無し
★勤務開始/6月~
★給与/日給1万+能力給(+8%税、源泉徴収税が引かれます)
★作業時間/午前10時~約12時間前後(内休憩2時間)
★作業日数/10日~15日+α/月(8日間の休日保証)
★食事/各自負担
★交通費/通いの場合支給
★住込みの場合、スタジオの6畳1室を貸出(家賃+光熱費・管理費で月-30,000円)
★業務内容/漫画の背景作画、コミックスタジオやPhotoshopによる仕上げ処理。
(PC作業未経験者も可。基本からお教えします。)
★画材/アナログ、デジタル両方可(PCによる作画が出来る方優遇いたします

———————————————————
C・
【作画スタッフ・通い】未経験者歓迎

★定員/1名(性別問わず)
★勤務地/千葉県 船橋市
★年齢/問いません
★期間/特定の期間無し
★勤務開始/6月~
★給与/日給1万+能力給(+8%税、源泉徴収税が引かれます)
★作業時間/午前10時~約12時間前後(内休憩2時間)
★作業日数/10日~15日/月(8日間の休日保証)
★食事/各自負担
★交通費/支給
★宿泊可
★業務内容/漫画の背景作画、コミックスタジオやPhotoshopによる仕上げ処理。
(PC作業未経験者も可。基本からお教えします。)
★画材/アナログ、デジタル両方可(PCによる作画が出来る方優遇いたします

———————————————————
D・
【作画スタッフ・在宅】
★定員/1~2名(性別問わず)
★勤務形態/在宅
★年齢/問いません
★期間/不定期
★給与/作業によって単価変動
★作業時間/お任せ
★業務内容/ある程度の精細な下書きから線画を描き起こし、色の塗り分けをする
(例:キャラクターの線画起こし+塗り分け=1点1万円、など)

————————-

以上募集要項にプラスして、PCによるキャラクターの線画のサポート、着色の下塗り作業、
着色など出来る方は仕事量が増え、能力の高さに応じて昇給します
技術に対する対価は出し惜しみいたしません。
また、スタジオへの格安での住込みも可能となっております。
ご希望の方で埋まった場合、スタジオで最大で二人暮らし、
作画期間中宿泊希望のスタッフがいる場合は4人で寝起きをします。
地方在住で東京進出を考えてる方、足がかりにして頂いてもよいかもしれません。
今まで家内と住んでおりましたが、近くに生活のための別宅を借りる予定です。

喫煙は現状可能ですが、現場の非喫煙者の数に合わせて改善したいと思います。
ペットが猫2匹、室内小型犬2匹居ります。アレルギーの方はご注意ください。
僕の性格は温和で声を張り上げて怒る様な事はまずありません。
静かなのが好きですが、テンションが高い時は若干の奇行があります。ご了承ください。
まあ基本穏やかで静かです。

スタジオ建物外観
IMG_4336
3.5LDK 12畳ほどのリビングがメイン作業場になります。
2階に8畳が1室、6畳が2室あります。
トイレが1階と2階に1つずつ、風呂とキッチンあります。
駅やコンビニまで徒歩8分、大型スーパーなど生活に必要な施設は
揃っている、静かな住宅地です。
近くに習志野駐屯地があるので、まれに訓練機が上空を飛ぶ音がします。

作業環境写真
IMG_4333
漫画のアナログ作画画材、PC、タブレットなど、基本的な設備は整っています。

その他設備
IMG_4334 IMG_4335
職場には3Dプロジェクタ、大型スクリーンなどを完備した部屋が隣接してます。
映画なども多数所有しておりますので、休日や休憩時間にご利用ください。

募集は5月15日迄
宛先は下記メールアドレスまでよろしくお願いいたします。

mail

題名を「アシスタント応募」など、分かり易いタイトルにしておいて頂ければ助かります。
ご希望の部門A~Dをお選び頂き、ご記入ください。
本文に、ご氏名、年齢、簡単な経歴とご自身の描かれた
漫画のモノクロ背景、またはキャラクターイラスト、またはカラー背景イラストなどを数点
得意分野で自信のあるものをご添付ください。その作品にかかった時間など分かる範囲で
添えて頂けましたら一次審査の目安となります。(わかる範囲で結構です)
完璧を求めている訳ではありません。お人柄と、伸びしろを主に見させて頂きたいと思います。

ご応募頂けましたら、面接をさせて頂き、後日連絡を差し上げたいと思います。
一次審査通過した方から順次面接を開始し、5月25日までに採用を決めさせて頂きたいと思います。
面接場所は千葉県船橋市になります。
関東圏(千葉、神奈川、東京、埼玉)お住まいの方は交通費上限2千円まで支給。
地方お住まいの方は交通費上限1万円まで支給。
それ以上に遠い地方にお住まいの方はSkypeでの面接も考慮いたします。ご相談ください。

その他、ご不明な点が御座いましたらコメント欄、メールなどでご質問ください。
ご応募をお待ちしております。

 

 

 

30 12月 2013 2013年お疲れ様でした。
 |  Category: 日記  | 12 Comments

2013年お疲れ様でした。
昨日はひっさびさにここ船橋の実家に母・僕・妹・弟の4人で集まって鍋をしました。
血の繋がった家族で食べる鍋がやっぱりいっちゃん美味いですね。
今年1年を通して、またここまでの人生を通して良い事も悪い事もあったから
今日があるんだなぁと実感。
また来年頑張りたい!

皆様良いお年を!

2013

21 9月 2013 今年発表された担当作品まとめ
 |  Category: 仕事  | 2 Comments

気づけばもう2013年も半分とっくにこえてんじゃねーの…
どうなってんだよ!!時間泥棒!!
ということで、なんだか色々興味深いお仕事を請けさせて頂き
充実した上半期を過ごさせて頂きました。背筋が痛いです。姿勢を正しく!
マネージャーも居ないもんで尻を叩かれた順に仕事をこなすと言う
マゾ一歩手前の段階まで霊長類として進化した訳ですが
それは社会人として絶対よくない事なので、PVも出揃ったことですし
自分の備忘録も兼ねてまとめでご紹介させて頂きたいと思います。

■『リリィ・ベルガモ』

企画・原案・キャラクターデザインを担当させて頂いております。
ゲーム制作に深く関わるのは昔からの夢のひとつでした。
知らなかったことや学ぶことも沢山あって刺激的です。
ガンホーオンラインエンターテイメントさん、グラスホッパーマニファクチュアさん
との強力タッグで鋭意製作中です!
まだまだ秘密の多い企画ですが、ご期待下さい。

■『月極蘭子のいちばん長い日』in 『SHORT PEACE』

大友克洋先生総監督によるショート・ショートアニメ作品『SHORT PEACE』の
ソフト化にあたり、5番目のプロジェクト『月極蘭子のいちばん長い日』という
ゲーム作品をくわえてリリースされます。
こちらメインキャラクターデザインを担当させて頂きました。
アニメーションパートは神風動画さんによるクオリティの高い映像作品になってます。
年明け頃発売予定だそうですので、是非!

■『解放少女-SIN-』

MAGES.さんから発売予定の『解放少女-SIN-』も新PV公開中!
激アツのSFアドベンチャーシナリオになってます。
キャラクターデザイン、イベントシーンのキャラクター作画監修を担当させて頂きました。
メカデザイン監修はコヤマシゲトさん!

■『魔神STATION』

前の記事でご紹介いたしましたが、『428』などで有名なイシイジロウさんによる
スマートフォン向けアプリ『魔神STATION』。
主人公キャラクターデザインを担当させて頂きました。
アニメーションPV制作は『エヴァンゲリヲン新劇場版』等でお馴染みの
スタジオカラー・デジタル部さんによる渾身の豪華ムービー!

■『どーにゃつ』第3輪

T-JOY系列で幕間ムービーとして絶賛上映中の『どーにゃつ』、第3輪もWEB公開中です!
劇場ではグッズ販売などもしておりますので、お近寄りの際はぜひぜひー
ヤングガンガンにて隔週連載中のこの『どーにゃつ』、
第1巻の前半まで立ち読みもできちゃいますよ!
先日めでたく第3巻も発売されました。
まじおもしろいので是非読んでみてください。
donyatu_02_cover

29 8月 2013 魔神STATION PV
 |  Category: 仕事  | 4 Comments


レベルファイブさんからサービス開始される予定の、
『魔神STATION』PVはなんと『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』等でも有名な
スタジオカラーのデジタル部による力作です!
モデリングもアニメーションもエフェクトも高次元でかっこいい…!

スタジオカラー・デジタル部の皆様とは以前にも『メーウ』のMVでも
お仕事ご一緒させて頂きました。

キャラモデリングもめちゃ可愛いしアニメーションのきめ細やかさに息を飲みます。
『魔神STATION』は2013年サービス開始予定だそうです!
是非DLしてみてください~

09 8月 2013 最近のお仕事まとめ
 |  Category: 仕事  | 2 Comments

—————————————————————
■『どーにゃつ』第3巻ついに発売です!
donyatu_02_cover
全太陽系待望のどーにゃつの第3巻がついに発売です!
8月24日は書店さんへGOですよこれは。
運が良いとどーにゃつの3Dしおりも貰えるかも??

donyatsu-ikumimama
どうぶつドーナツで有名なイクミママさんと奇跡のコラボが実現!
渋谷などで限定発売するみたいですね。是非ー

ティ・ジョイ系列の全国のシネコンにて2分間幕間アニメ『どーにゃつ』も
絶賛上映中です!本編まえに是非癒されてみてください。
月替わりでお話が変わっていきますが、過去回はyoutubeやニコニコ動画でも
観れますよ~

—————————————————————
グッドスマイルカンパニーさんの新マスコットキャラ
gsmile
デザインさせていただきました。
ピンクとオレンジってなかなか上手に合わせるのが難しかったのですが、
如何でしょう?可愛がって貰えると嬉しいなぁ~
PVもありますよ

—————————————————————
■『解放少女-SIN-』
kaihoushoujo_sin
以前LEVEL5さんから発売されたGUILD01内の『解放少女』が
ADVノベルゲームとして発売になります!
キャラクターデザインとイベントシーン監修を担当させて頂きました。
発売は2013年12月5日。5bp.さんより発売予定。
【公式サイト】

—————————————————————
■『魔神ステーション』
majinstation
そのLEVEL5さんから、イシイジロウさんの作品として
スマートフォンのゲーム『魔神ステーション』の
主人公アバターキャラのデザインを担当させて頂きました。
【公式サイト】

—————————————————————
■『ショートピース』5番目のプロジェクト
tsukigimeranko
大友克洋先生の『SHORT PEACE』の、5番目のプロジェクト!
なんとこれはアニメでなくゲームになります。
須田剛一さん原作、クリスピーズ制作という異色作です。
メインキャラクターデザインを担当させて頂きました。
【公式サイト】

—————————————————————
■『パズル&ドラゴン』モンスターデザイン
sakuya
麒麟ちゃんのデザインさせていただきました!
「レアガチャで原稿料をけっこう還元しました」
が最近の鉄板ギャグです。

—————————————————————
■『東京カラス』第2巻 発売!
tokyokarasu2
『正義警官モンジュ』などで知られる宮下裕樹氏による、
僕が以前描いていた『東京カラス』のリメイク連載!
僕は原案とキャラクターデザインを担当しています。
宮下先生かなりノッて描いているので、宮下ワールド全開の
エンターテイメント都市伝説ストーリーに仕上がってます。
個人的におすすめは巨乳エリートのクリスティーヌ春子です。

—————————————————————
■JAPAN EXPO USAデビュー
jeusa
フランスで行われてるJAPAN EXPOがアメリカで初開催!
そのイベントのメインビジュアルとゲストをお請けしました。
アメリカは初めて行くので楽しみです。
サンフランシスコなのですが、アルカトラズ刑務所見学できたらいいなぁ

—————————————————————
■『ファイアーエムブレム覚醒』サーリャのフィギュア
figure_sarya
マックスファクトリーさんに作っていただきました。
期待以上の素晴らしい再現度!大満足です。
ポージングのラフや監修をさせていただきました。

なんか告知を溜め込んでしまいました…!
今年後半と来年はお仕事を絞る予定です。

—————————————————————
woguraさんの『ふわふわ日和』にゲスト参加しました
念願のファーファ本です!!!夏コミにて!!
fuwafuwabiyori_cover_650
woguraさんの表紙。かんわいい~~~

02 7月 2013 『どーにゃつ』第1輪WEB公開
 |  Category: 仕事  | 4 Comments

現在、バルト9を含むティ・ジョイ系列のシネコンで絶賛上映中の『どーにゃつ』の第1輪が
WEBでご覧いただけちゃいます!
2分くらいの作品なので、気軽に見てみてください(*゚▽゚*)
youtubeにもありますよー

7月1日より、劇場の方では第2輪が上映中です!
あわせて、オリジナルグッズの販売も開始しているそうなので、
ぜひぜひ劇場に脚を運んでみてください!

17 5月 2013 【重要なお知らせ】『どーにゃつ』がついに・・・
 |  Category: 仕事  | 2 Comments

ついに発表の日がきました。。。

なんと・・・

この度『どーにゃつ』がアニメーション化する運びとなりました!
うお~(↓公式HPへ!)


提供:フリュー 制作:ギャザリング
監督:まんきゅう(『感染るんです。』『カッコカワイイ宣言!』等)
原作:コザキユースケ

気になる“どーにゃつ”役は田村ゆかりさん
これ以上ないほどイメージピッタリで可愛らしく演じて頂いています。
ベーガル役はクレヨンしんちゃんの父ちゃんでお馴染みの藤原啓治さん
薄笑いが出る程の好演して下さっております。
その他にも今後ベーガルさんやクマカロン、ローニャちゃんも順次登場予定です。

「いつ、どこで観れるの?」
今回、実はちょっと変わった形でのご提供になるのですが、
なんと、映画館の上映が始まる前の幕間(まくま)ムービーとして
全国のバルト9さんや全国T-ジョイさん系劇場にて
6月1日より1年間スクリーンに登場予定
となっております。
わ~いきなり映画館!上映時間は1話につき大体2分ほどで、毎月お話が変わる感じになります。
びっくりするくらい可愛くて面白い出来栄えですよー(´∀`)

今から約1000日程前のTwitterでの悪ふざけが映画館まで進出してしまいました。
その他詳しい情報は5月17日発売のヤングガンガン本誌にて掲載されています!
それでは、映画館で宜しくお願いいたします~

——————————————
■どーにゃつストラップ新作&ふわふわのスクイーズマスコット
アルジャーノンプロダクトさんより新作の『どーにゃつ』ストラップや、
ご要望の声が高かったふんわりスクイーズマスコットが発売されます。

 

17 4月 2013 お知らせ
 |  Category: 仕事, 日記  | One Comment

またまた間が空いちゃいました。
最近はもっぱらゲーム企画の設定画と漫画制作に勤しんでいます。
ミーティングも増えたので移動が多く、電車内でパズドラが捗ります(´・ω・`)

最近ipad2がアップデートエラーで認識すらしなくなったのでアップルストアに
持って行って直ったんですが、家に帰ってitunesに繋いだらまたぶっこわれました。
もうヤダー

■ファイアーエムブレム覚醒 オリジナルサウンドトラック 発売中

ジャケットは3面続きの描き下ろしになってます!

■ニコニコ超会議2
ライブペイント

4月27日~28日に開催予定の、ニコニコ超会議2の
漫画家さんたちによるライブペイントのイベントに参加させて頂きます~
http://info.nicovideo.jp/seiga/chokaigi2/ldctcatalog.html
参加作家さんが講談社寄りのアウェーの中ゆるいどうぶつキャラでぶっこみます。
…といっても、僕は出身が実はヤングマガジンなので古巣ではあるのですが!
チャリティーTシャツは上記の柄で参加します(´ω`)